子供の成長にはタイムリミットがある

運動神経を良くするために母親が知って起きたい子供の成長のこと

意外と知られていない子供のタイムリミット

親心として、
子供にはいろんなことを経験させてあげたい
そう思うものですよね。

体操教室やスイミングに通わせる方もいれば、
ピアノなどの音楽教室、
最近では英語を習わせるという方もいらっしゃるようです。
英才教育っていうやつですね^^

どんなことをさせてあげるかは家庭によると思います。
ですが、
絶対に知っておきたいことがあります。
それは、
子供にはタイムリミットが存在するということ。

そのタイムリミットとは、
神経系の発達が5歳ごろで
成人の80%に達するということ。

知ってましたか?
これを知らずに習い事をさせるのは、
子供の可能性を狭くしてしまいかねせん。
それは、本当にもったいないって思います。

 

親なら知っておきたい子供の発育発達のこと

こちらをご覧ください。


画像:http://www.bea.hi-ho.ne.jp/y-kondou/page_1.htm

こちらは、
スキャモンの発育発達曲線というものです。
ご覧になったことはありますか?

注目していただきたいのは、
青の神経系の線です。

スキャモンの発育発達曲線生まれた直後から5歳頃までに約80%成長し、
12歳頃には100%近くになるとされています。

運動能力の基礎はこの時期に形成される
という言い方もできるわけです。
ですので、
子供の頃に何をさせるかが大事ということです。

 

どれくらい子供の時期が大事なのか

神経系の発達は、
生まれた直後から5歳頃までに約80%成長し、
12歳頃には100%近くになるとされています。

ちょうど小学生くらいの時期ということですね。
その頃に多くの方がすることがあります。
それは一体なんでしょう?

それは、
練習して自転車に乗れるようになる
ということです。

一度自転車に乗れるようになれば、
大人になった今でも、
仮に自転車に乗らない期間があっても、
すぐに乗れてしまいます。

そうではないですか?

 

それと同じように、
12歳になるまでの間に特定のスポーツだけではなく、
いろんな動作を行うことで、
神経回路がどんどん発達していきます。

子供の頃ってものすごく大事なんです!

子供の頃にいかに成長するかで、
大人になった時の状態を決める
と言っても過言ではありません。

ですので、
子供の頃に運動を全くしてこなかった方は、
運動してきた方に比べて運動神経が悪い傾向にあります。

 

体操教室やスイミング、
ピアノや英会話など、
いろんな習い事があります。
どれをさせてあげてもいいと思います。

ですが、
忘れてはいけないのは
いろんな経験をさせてあげるべきだということです。
ぜひ覚えておいてくださいね^^

子供の未来を誰よりも
真剣に考えているお母さん必見!!

子供の運動神経を良くする方法が分かる 子供の運動神経を良くする方法が分かるポジティブキッズメールレッスン  

  1. 子供の運動能力向上に欠かせない成長過程のこと
  2. 子供はできて猫背な大人はできていない!?大事なこと
  3. 幼少に決まる!?子供の運動能力
  4. 浜松市知っておきたい子供の発育発達曲線
  5. 赤ちゃんには歩く練習は必要ない!
  6. 子供の集中力がないのは当たり前!


子供の未来を誰よりも
真剣に考えているお母さん必見!!

子供の運動神経を良くする方法が分かる 子供の運動神経を良くする方法が分かるポジティブキッズメールレッスン  

2061/6/22 テレビ取材を受けました


PAGE TOP