逆上がりがうまくできない2つの原因とは

逆上がりがうまくできない理由とは

苦手な子が多い逆上がり

僕も子供の頃は逆上がりが全くできませんでした。
周りのできる子たちは、
比較的細身で身軽な子ばかりだったように思います。

体格的に難しいのかとも思いましたが、
意外にも身長の高い女子が得意だったりました。
当時は何でできるのか、とても不思議でした。

 

逆上がりができない理由。

大きく分けて2つあります。

腕の力が弱いということ
逆上がりをする際に腕が伸びてしまったり、
腕を曲げた状態を保てないということが考えられます。

逆上がりをするためには、
鉄棒に対して体を回転させていく必要があります。
肘が伸びてしまうことで、
勢いが落ちてしまい回転することができなくなってしまいます。

逆上がりをする際に脚が伸びてしまうということ
丸まる必要があるのに、
地面を蹴った勢いで膝が伸びてしまう。
これでは、重心的に回ることは難しくなってしまいます。

また、脚は頭の方向に向かって蹴り上げたいんですが、
膝が伸びてしまうと鉄棒からは離れていく方向に力が逃げてしまいます。

上記の2つを改善すれば、
逆上がりができるようになります。
では、どんなことをすればいいのか?

 

逆上がりができるようになるために

 

日常生活の中で重いものを持つことはないでしょう。
ですが、鉄棒で使うのは自分の身体1つ。
自分の体を支えることを普段からしていれば、
自然と必要な力はついていくでしょう。

跳び箱を飛べるようになるために
雑巾がけをオススメしましたが、
腕の力は行う事でおのずとついていきます。

 

問題はもう一方。
逆上がりをする際に脚が伸びてしまう。
その結果、丸くなることができないということ。

これを改善するためにオススメなのが、
団子虫の動きです。

団子虫は身を守るために丸くなりますよね。
その丸くなるということが逆上がりには必要になります。

 

団子虫エクササイズ

仰向けに寝て、
両腕・両脚はバンザイするように伸ばしておきます。
そこから、両肘・両膝をお腹の前あたりで近づけるようにします。
団子虫のような形になりますよね。

近づけたら離して、また近づける。
これを繰り返し行なっていきます。

大人がやると結構いい腹筋のエクササイズにもなりますよ!
お子さんと一緒に行ってみてくださいね。

子供の未来を誰よりも
真剣に考えているお母さん必見!!

子供の運動神経を良くする方法が分かる 子供の運動神経を良くする方法が分かるポジティブキッズメールレッスン  



子供の未来を誰よりも
真剣に考えているお母さん必見!!

子供の運動神経を良くする方法が分かる 子供の運動神経を良くする方法が分かるポジティブキッズメールレッスン  

2061/6/22 テレビ取材を受けました


PAGE TOP